「張禧嬪(チャン・ヒビン)よりトンイが悪女!」と言える3つの根拠

このエントリーをはてなブックマークに追加

張禧嬪が呪詛をする必要があったのか

2つ目の根拠。
粛宗の正室だった仁顕(イニョン)王后は、長い病気の末に1701年8月に亡くなっている。それから40日後に、トンイが粛宗に「張禧嬪が仁顕王后を呪い殺そうとしていた」という告発を行なっている。
ただ、非常に怪しいのは、仁顕王后が亡くなってから40日も経ってから告発したことである。トンイがその事実を知っていたのであれば、なぜ、もっと早く言わなかったのだろうか。




実際に、仁顕王后の屋敷の周りから、呪詛(じゅそ)に使ったと思われる呪いの品物が発見されている。しかし、それを張禧嬪が埋めたという証拠は1つもない。たとえば、トンイが自分で埋めて告発したとも言える。その準備のために40日もかかったのではないだろか。
このとき、粛宗の息子は、張禧嬪が産んだ世子(セジャ)とトンイが産んだ二男がいた。張禧嬪は、そのまま何もしなければ、自分の息子が王になれる。しかし、トンイの場合は二男であるため、張禧嬪の息子を排斥しなければ、自分の息子が王になれない。
しかも、すでに長い病床にあった仁顕王后はもう長くは生きられなかった。そんな王妃を、張禧嬪が危険を冒して呪詛する必要はまったくないのである。
むしろ、トンイのほうが張禧嬪を陥れる必要があり、それがこの告発だったのではないかという推理も成り立つ。(ページ3に続く)

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る