6・29民主化宣言から30年!韓国を劇的に変えた市民革命(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1970年代から1980年代にかけて、韓国は自由を犠牲にした代償として経済的には飛躍的な発展をとげた。しかし、国民の生活が徐々に豊かになっていっても、在野勢力の不満は一向に解消されなかった。強圧的な取締りによって自主的な活動は極端に制限され、表現の自由も許されなかったからだ。その末に、国民の我慢も限界に達しようとしていた。

61

朴正熙が反面教師

全斗煥(チョン・ドゥファン)は大統領に就任したとき(1980年)から、末永く大統領職にとどまる考えはなく、時期がくれば平和的に政権を委譲すると決意を述べていた。彼は「韓国で初めて正統に権力を手放した最初の大統領」になることを願っていた。
そこには、朴正熙(パク・チョンヒ)の二の舞はぜひとも避けたいという気持ちが働いていた。朴正熙は政権を長く掌握しすぎた結果、信頼していた部下に暗殺されてしまったのだ(1979年10月)。




全斗煥は、無残な最期を迎えた朴正熙を反面教師にしようとしていたのである。
その政権委譲の時期が近づきつつあった。ただし、7年間の大統領の任期が終盤にさしかかったとき、全斗煥は大統領制から議員内閣制への移行をはかるようになった。
この動きに対して野党は疑いの目を向けた。
議員内閣制に変えて全斗煥は引き続き首相の座を維持して権力の保持につとめるのではないか、という猜疑心をもったのである。
学生たちの反全斗煥の動きが日増しに拡大した。その中で「朴鍾哲(パク・ジョンチョル)君拷問死事件」が起こった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る