ズバリ!韓国ドラマにツッコミを入れてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

たくさんの韓国ドラマを見ているからこそ、あえてツッコミたくなるもの。たとえば、主人公カップルの釣り合いのとれない年齢差とか、後半に入って雑な展開になることとか。そのあたりを愛情込めて指摘しよう。

ドラマ『トンイ』の制作発表会も大人数で盛り上がっていた

ドラマ『トンイ』の制作発表会も大人数で盛り上がっていた

〔ツッコミ1〕後半に失速

韓国ドラマは、スピーディーな展開が持ち味。とにかくエネルギッシュだ。
しかし、短期間に徹夜続きの撮影で限界もある。
端的な例が、後半に入ってから失速するドラマが多いということ。人間関係の描き方が雑になったり、クライマックスに向けて無理やりストーリーの帳尻を合わせてきたり。明らかに、切羽詰まった撮影状況の影響が出てしまう。そんなわけで、後半に急につまらなくドラマもある。
また、子役のときからずっと主人公の生き方を描くのが韓国ドラマの定番。でも、子役時代はすごく面白いけれど、クライマックスまでそれが持続しないこともよくある。時間がないのかエネルギーが続かないのか、ちょっと雑になる傾向がある。




〔ツッコミ2〕韓国ドラマは始まり重視

クライマックスも、突発的な終わり方をするものが多い。最終回をじっくり練ってこれでいこう、というのではなくて、『時間切れだからこれでいくしかない』という感じ。日本では、『小説は書き出しの1行、エッセイは最後の1行』と言う。そこが一番大事なところだという意味だ。
韓国ドラマは完全に書き出し重視のタイプ。これも国民性である。たとえて言うと『韓国のドラマは始まりの1シーン、日本のドラマはクライマックスの1シーン』という感じ。日本のドラマ好きな人は、最後の余韻にこだわる。韓国はむしろ、最初の勢いを大事にする。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る