名作探訪!東方神起ユンホが熱演した『国際市場で逢いましょう』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

音楽の世界だけでなく俳優としても評価が高い東方神起のユンホ。これまでも様々な作品に出演しているが、中でも名作として評価が高いのが映画『国際市場で逢いましょう』である。

678

ユンホはハツラツとした演技を見せた

2014年に韓国で公開された映画『国際市場で逢いましょう』は、朝鮮戦争の混乱の中で釜山(プサン)に逃げてきた1人の少年が、その後に激動の韓国で必死に生きて老人になっていく物語だった。
この映画の中で、ユンホの出演シーンは確かに短かったのだが、とても重要な場面での登場だった。




彼は、同じ郷土出身の大物歌手ナム・ジンに扮していた。
このナム・ジンはベトナム戦争に派兵されていたので、ユンホの出演シーンも戦場となっていた。
本来なら、非常に緊迫感がともなう戦場場面なのだが、ユンホはハツラツとした演技を見せていた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る