韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

子役から芸能生活をスタートさせたチャン・グンソクには出演作がとても多い。その数多い作品の中で彼の代表作といえば、韓国で2009年に放送されて最高の人気を獲得した『美男<イケメン>ですね』と、時代劇の大作として話題を呼んだ『テバク~運命の瞬間(とき)~』(以下、『テバク』と表記)に違いない。

テバク20

最適なキャラクター

『美男<イケメン>ですね』でチャン・グンソクが演じたのはポップグループのカリスマリーダー「ファン・テギョン」。スターなのに、いつも不機嫌で自分の世界に閉じこもるナルシストだった。




この『美男<イケメン>ですね』は大成功した。その秘訣をチャン・グンソクはこのように語った。
「デビュー後に初めて演技に満足できました。以前の作品で満足を得られなかったというより、『美男<イケメン>ですね』を通して、現在の自分の姿をそのままお見せすることができたと思います。テギョンという役は、そのときの僕が表現できる最適なキャラクターだったんです」
このように、「最適なキャラクター」と自ら言うほど、チャン・グンソクはテギョンという役を愛した。演じていて、さぞかし気分が高揚したことだろう。(ページ2に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る1〔大ヒット時代劇編〕

『名もなき英雄』の見どころはココ!

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

ページ上部へ戻る