韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

子役から芸能生活をスタートさせたチャン・グンソクには出演作がとても多い。その数多い作品の中で彼の代表作といえば、韓国で2009年に放送されて最高の人気を獲得した『美男<イケメン>ですね』と、時代劇の大作として話題を呼んだ『テバク~運命の瞬間(とき)~』(以下、『テバク』と表記)に違いない。

テバク20

最適なキャラクター

『美男<イケメン>ですね』でチャン・グンソクが演じたのはポップグループのカリスマリーダー「ファン・テギョン」。スターなのに、いつも不機嫌で自分の世界に閉じこもるナルシストだった。




この『美男<イケメン>ですね』は大成功した。その秘訣をチャン・グンソクはこのように語った。
「デビュー後に初めて演技に満足できました。以前の作品で満足を得られなかったというより、『美男<イケメン>ですね』を通して、現在の自分の姿をそのままお見せすることができたと思います。テギョンという役は、そのときの僕が表現できる最適なキャラクターだったんです」
このように、「最適なキャラクター」と自ら言うほど、チャン・グンソクはテギョンという役を愛した。演じていて、さぞかし気分が高揚したことだろう。(ページ2に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る1〔大ヒット時代劇編〕

『名もなき英雄』の見どころはココ!

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る