韓流スターが自ら代表作を熱く語る1〔大ヒット時代劇編〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

視聴者の記憶に残る数々の名作。そうした作品に主演した人気俳優たちは、自らの代表作についてどう語るのだろうか。今回は、『太陽を抱く月』『宮廷女官 チャングムの誓い』『王女の男』という3つの作品を取り上げた。

キム・スヒョン

本当に美しい物語

2012年に韓国で放送された『太陽を抱く月』は、最高視聴率が42.2%だった。この数字は、韓国時代劇の歴代視聴率で10位にランクされた。これほどの大ヒット作に主演したキム・スヒョン。彼は自作を冷静に分析した
「『太陽を抱く月』は、愛の物語というひとつの枠の中に、たくさんの要素が詰め込まれています。例えば呪術。呪いをかけるとか、現実にはないような要素があります。そして、ドラマの中でどんどん謎を解いていくような過程には、推理劇のような楽しみもあります。総合的に言うと、本当に美しい物語なのです」




「このドラマは、朝鮮王朝時代がバックグラウンドになっています。その中で、架空の王様が登場します。見てくださる方も違和感なくドラマに入り込めると思います。本質的には、幻想的な作風です。出てくる登場人物のすべてが誰かを愛して恋愛をします。その中から、視聴者の方が自分の好みに合った愛のカラーを選んでご覧になると、より楽しむことができると思います」
振り返ってみても、キム・スヒョンが演じた架空の王は、どこか幻想的で、魅力たっぷりだった。(ページ2に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

『名もなき英雄』の見どころはココ!

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

韓国時代劇の流行はどう変わってきたか

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る