韓流スターが自ら代表作を熱く語る1〔大ヒット時代劇編〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

視聴者の記憶に残る数々の名作。そうした作品に主演した人気俳優たちは、自らの代表作についてどう語るのだろうか。今回は、『太陽を抱く月』『宮廷女官 チャングムの誓い』『王女の男』という3つの作品を取り上げた。

キム・スヒョン

本当に美しい物語

2012年に韓国で放送された『太陽を抱く月』は、最高視聴率が42.2%だった。この数字は、韓国時代劇の歴代視聴率で10位にランクされた。これほどの大ヒット作に主演したキム・スヒョン。彼は自作を冷静に分析した
「『太陽を抱く月』は、愛の物語というひとつの枠の中に、たくさんの要素が詰め込まれています。例えば呪術。呪いをかけるとか、現実にはないような要素があります。そして、ドラマの中でどんどん謎を解いていくような過程には、推理劇のような楽しみもあります。総合的に言うと、本当に美しい物語なのです」




「このドラマは、朝鮮王朝時代がバックグラウンドになっています。その中で、架空の王様が登場します。見てくださる方も違和感なくドラマに入り込めると思います。本質的には、幻想的な作風です。出てくる登場人物のすべてが誰かを愛して恋愛をします。その中から、視聴者の方が自分の好みに合った愛のカラーを選んでご覧になると、より楽しむことができると思います」
振り返ってみても、キム・スヒョンが演じた架空の王は、どこか幻想的で、魅力たっぷりだった。(ページ2に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

『名もなき英雄』の見どころはココ!

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

韓国時代劇の流行はどう変わってきたか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る