兵役の基本!ファンもぜひ知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

〔基本3/所属部隊〕

新兵訓練を終えると、所属部隊に配属される。どの部隊に行くかが一番肝心。かつては軍幹部が自分の息子を軍務が楽な部隊に行かせて大問題となった。公平を期すために、新兵訓練中にコンピューターによる無作為抽出方法で所属部隊を決めるのが原則となっている。




なお、軍隊を最小単位からいうと、分隊→小隊→中隊→大隊→連隊→旅団→師団となる。師団は少将がトップになるのが一般的で、兵員は1万人くらいが多い。この師団が40ほど集まって韓国の陸軍が成り立っている。(ページ4に続く)

新兵訓練を終えて義務警察に入るとどうなる?

義務警察の広報団!その服務の実態は?

兵役体験記!新兵訓練で一番の恐怖は化学ガス訓練

ページ:
1 2

3

4 5

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る