[再掲載]貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)の結婚!

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚期が遅れた貞明公主

1623年、宣祖の孫で光海君の甥であった綾陽君(ヌンヤングン)がクーデターを成功させて、光海君を廃位に追い込んだ。そのうえで、綾陽君は16代王・仁祖(インジョ)として即位した。
その結果、仁穆王后と貞明公主は9年間の幽閉生活を解かれた。このとき、貞明公主は20歳になっていた。




普通、王女の場合は10代前半に名家の御曹司と結婚するのが常だった。つまり、当時の20歳というのは、かなり婚期が遅れていたのだ。それも、幽閉されていたので仕方がなかったのだが……。
仁穆王后は貞明公主を早く結婚させたいと願った。しかし、容易に相手が決まらなかった。理由は貞明公主が20歳になっていたこと。候補になりそうな名家の御曹司は、10代なかばまでにほとんどが結婚していた。(ページ3に続く)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ページ上部へ戻る