朋道佳のイチオシ14『7番房の奇跡』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016年に韓国で大ヒットした映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』が今夏日本での公開が決定し、注目が集まっています。そしてこの映画にはプロローグ作品があるということでも話題にもなりました。その作品はアニメ映画『ソウル・ステーション/パンデミック』。この映画も今秋日本公開が決定し、期待が高まっています。この『ソウル・ステーション/パンデミック』で吹き替えを務めるのは、韓国映画界屈指の俳優『怪しい彼女』のシム・ウンギョンと『7番房の奇跡』のリュ・スンリョン。この2人の声の演技に期待しつつ、今回は2013年に韓国で大ヒットしたリュ・スンリョン主演の映画『7番房の奇跡』にスポットを当ててみましょう。

1

多くの人の心に残る作品

『7番房の奇跡』は2014年に日本でも公開されて大きな感動を呼んだ作品です。韓国国内の映画祭でも数々の栄誉ある賞を受賞し、今でも多くの人の心に残る作品の一つだといえるでしょう。




6歳児の心を持つ父親ヨング(リュ・スンリョン)としっかり者の6歳児イェスン(カル・ソウォン)は仲良し親子。もうすぐ1年生になるイェスンに「セーラームーン」のランドセルを買ってあげたくて、ヨングは日々懸命に仕事をしながら暮らしています。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る