[再掲載]誤解を解く!義務警察は兵役の立派な服務だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近は、韓流スターが兵役に行く場合に義務警察に入ることが多い。しかし、過去には、義務警察が決まっていながらそれを取り消したケースもあった。それによって、義務警察に対する誤解が生まれることもあるのだ。ここで改めて[再掲載]版として義務警察のことを説明していこう。

vma42bkl1rlxkv61473320546_1473320595

韓国軍の兵力は過剰になっている

韓国では、芸能人が義務警察に入ることが決まると、ネット上に批判的な意見がよくアップされる。

いずれにしても、義務警察のことが正しく伝わらないのは残念である。そこで、改めて義務警察の基本的なことを説明したい。




現在の韓国軍は兵力が余っている。北朝鮮と厳しく対峙しているのは確かだが、最近は武器のハイテク化によって、兵員は過剰になってきた。

それゆえ、国防省は約63万人の兵士を2022年までに10万人ちかくも減らす計画を立てている。

この事実をまず、頭に入れていただきたい。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る