綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

王の正室が産んだ王子は、名前に大君(テグン)が付くが、側室が産んだ王子の場合は、君(クン)だけが付くのである。それによって、綾陽君(ヌンヤングン)が側室から生まれた王子の系統であることがわかる。

T_u1VvrjfJ1iJIR1486610913_1486610938

祖父の宣祖は子だくさんだった

綾陽君の説明に入る前に、祖父の14代王・宣祖(ソンジョ)から話を始めよう。
宣祖には25人の子供がいた。
この人数は、歴代王の中で、29人の3代王・太宗(テジョン)、28人の9代王・成宗(ソンジョン)に次いで三番目に多い。




その25人の内訳は、正室から生まれたのが2人。側室から生まれたのが23人だった。男女を見ると、王子が14人で、王女が11人だった。
この中で、宣祖と側室の仁嬪(インビン)・金(キム)氏の間には4男5女がいたが、その三番目に生まれたのが、定遠君(チョンウォングン/1580~1619年)であった。(ページ2に続く)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(14代王・宣祖編)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る