綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

王の正室が産んだ王子は、名前に大君(テグン)が付くが、側室が産んだ王子の場合は、君(クン)だけが付くのである。それによって、綾陽君(ヌンヤングン)が側室から生まれた王子の系統であることがわかる。

T_u1VvrjfJ1iJIR1486610913_1486610938

祖父の宣祖は子だくさんだった

綾陽君の説明に入る前に、祖父の14代王・宣祖(ソンジョ)から話を始めよう。
宣祖には25人の子供がいた。
この人数は、歴代王の中で、29人の3代王・太宗(テジョン)、28人の9代王・成宗(ソンジョン)に次いで三番目に多い。
その25人の内訳は、正室から生まれたのが2人。側室から生まれたのが23人だった。男女を見ると、王子が14人で、王女が11人だった。
この中で、宣祖と側室の仁嬪(インビン)・金(キム)氏の間には4男5女がいたが、その三番目に生まれたのが、定遠君(チョンウォングン/1580~1619年)であった。(ページ2に続く)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(14代王・宣祖編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る