貞明(チョンミョン)公主の生涯2!『華政』(ファジョン)の主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回 貞明公主の絶望

14代王・宣祖(ソンジョ)と仁穆(インモク)王后を両親にして1603年に生まれた貞明公主。弟は3歳下の永昌大君(ヨンチャンデグン)だった。宣祖が1608年に亡くなり、異母兄の光海君(クァンヘグン)が15代王になったのだが……。

シシキノ エ鄲ヌ 10

年が離れた兄弟

光海君は1575年の生まれである。
貞明公主よりは28歳上で、永昌大君より31歳も上だった。
これほどにも光海君は、貞明公主や永昌大君と年が離れていた。
そんなこともあって、貞明公主と永昌大君は光海君をとても慕っていた。兄というより、本当の父親のように思っていたのだ。
しかし、王位に上がったあと、光海君が妹と弟に向ける視線はガラリと変わってしまった。妹の貞明公主のほうは変わらずに可愛がったのだが、永昌大君のほうは妹ほどには優しく接しなかった。宣祖の正統的な嫡男である永昌大君が王位を脅かすかもしれない、という警戒心が働いたからだ。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る