大作映画日本上陸!『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の様々な説話で語られてきた老詐欺師キム・ソンダルを、現代の解釈で大胆にアレンジ。「朝鮮王朝を牛耳る権力者に大同江(テドンガン)を売り払った」という逸話をメインに据えて、韓国でも大きな話題となった映画『キム・ソンダル』が、1月20日から日本でも上映開始!

画像1

稀代の天才詐欺師登場!

韓国でも指折りの詐欺師として伝えられるキム・ソンダルだが、彼は実在の人物ではなく19世紀に流行った説話のなかで生まれた想像上の人物だ。多くの説話の中では、老獪な詐欺師として伝えられているが、映画『キム・ソンダル』では若くセクシーな人物として描いている。
捕虜として戦場に送られながら辛くも生き残ったキム・ソンダルは、「残りの人生はおまけ」だとして面白おかしく生きることを決意して、詐欺師となった。死を恐れない彼は、「役人として王宮に堂々と潜入する」「女装して金持ちに色仕掛けを仕掛ける」など、思わず笑ってしまうような手口を好んだ。その大胆な手法の数々は、生死のスリルすら楽しんでいることを感じさせる。そんなキム・ソンダルが時折見せる真剣な表情は、息をのむほどの迫力を生んでいる。




主人公キム・ソンダルを演じるのは、2002年に韓国で大ヒットした映画『おばあちゃんの家』で、天才子役として脚光を浴びたユ・スンホ。近年では、イケメン演技派俳優としても活躍中の注目株。作中では、お茶目でセクシーな姿から、シリアスなシーンまで絶妙な演技力を発揮。新たな魅力を見せてくれる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る