落ちぶれた連中の奮闘ぶりが面白い『月桂樹洋服店の紳士たち』

このエントリーをはてなブックマークに追加

これぞ男のファッション!

左遷させられたドンジン。
最高の職人芸を発揮できないサムド。
人気凋落が著しいテピョン。




この落ちぶれた3人がどう巻き返していくのか。それが『月桂樹洋服店の紳士たち』のメイン・ストーリーだ。
ドンジンを演じている主役のイ・ドンゴンは、身長が185センチくらいあり、スーツが本当によく似合う。
他の男性出演陣も美形が多くて高級スーツがドンピシャリ。男のファッションを存分に楽しめるのも、『月桂樹洋服店の紳士たち』の大きな魅力だ。

文=「ロコレ」編集部

ページ:
1 2 3

4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る