義務警察の基本知識!これだけは知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近は芸能界の男性スターが続々と兵役入りしているが、行き先として特に増えているのが義務警察である。そこで、義務警察の基本的なことをここで紹介しておこう。

Ãæ³²°æÂû ÁöÈÖ°Ë¿­

3種類の義務警察がある

義務警察は、兵役の軍務の代わりになる制度として定着している。
この義務警察の母体は1971年に作られた戦闘警察。北朝鮮のスパイ摘発やデモの警戒が主な任務だった。
その戦闘警察から派生して1982年に義務警察が誕生。常に人員不足に悩まされる地方警察を補助してきた。




厳密に分類すると、義務警察には「一般の義務警察」「特技を持った義務警察」「独島(トクト/日本では竹島と呼ぶ)の警備隊」の3種類があり、常に志願者がとても多くなっている。
中でも、芸能で優れた資質を持った人は、それが特技と認められて義務警察に合格する可能性もある。そういう意味で、芸能人がどんどん義務警察に入っているというのは理にかなっている。(ページ2に続く)

誤解を解く!義務警察は兵役の立派な服務だ

義務警察に合格したBIGBANGのT.O.P!今後の予定は?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る