義務警察の出番を呼んだ大統領退陣要求デモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役の代替制度として機能している義務警察。芸能界のスターの場合も、義務警察に入って兵役を全うしている人が多い。そんな義務警察の隊員が、最近は出番が増えている。朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を要求するデモがあるたびに、その警備に出動しているからだ。

2014_%ea%b2%bd%ec%b0%b0%ea%b3%b5%eb%ac%b4%ec%9b%90_%ea%b0%80%ec%82%b0%ec%a0%90_1

黄色い職務服を着た隊員

ソウル中心部で開かれている朴槿恵大統領の退陣要求デモ。数万の民衆が「朴槿恵は退陣しろ!」とプラカードを掲げて叫んでいるが、その周囲には黄色い職務服を着た義務警察の隊員がズラリと並んでいる。彼らには、デモ隊を管理するという重要な役割があるからだ。




そもそも、義務警察の前身である戦闘警察が1971年に創設されたのも、デモの鎮圧が主な目的だった(他には、北朝鮮のスパイを摘発するという任務もあった)。
当時の戦闘警察の隊員は兵役対象者から選抜されていた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る