地上軍フェスティバル最新リポート!10月3日編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国中部の鶏龍(ケリョン)市の非常滑走路で開催されている今年の地上軍フェスティバル。10月3日はイベント2日目となったが、東方神起のユンホが午前・午後・夜と3回もフルに登場して、精力的な姿をファンに見せていた。(前回の記事はこちら

zwzjzmc1bxqjjxd1475542578_1475542647

xvwonna1iwf_cnf1475541897_1475541963

天気が回復して良かった

10月3日の鶏龍市は朝から大雨が降り、このままでは中止かと危ぶまれたが、幸いに小雨になり、少し遅れて午前の公演が始まった。




メイン会場は去年よりも正面席が幅広くなり、かなり座席数が増えていた。それでも、公演開始後にも席を確保できない人が多く、外に長い行列ができていた。午後の公演が始まる頃には晴れ間も見えて、蒸し暑い陽気になった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る