朝鮮王朝おもしろ人物列伝(25代王・哲宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第27回 教養のない王・哲宗

朝鮮王朝25代王・哲宗(チョルジョン)は、農民から王になった人物だ。そんな彼に対する周りの者たちの不安は大きかった。哲宗は、王としてどのような人生を歩んでいたのだろうか。

WY9W4H4ZuKbze_01472777153_1472777595

みじめな生活が一変

哲宗はもともと元範(ウォンボム)という名前だった。曾祖父は、21代王・英祖(ヨンジョ)の息子である荘献(チャンホン)。彼には、22代王・正祖(チョンジョ)の他に恩彦君(ウノングン)という息子がいた。その恩彦君の孫が元範なのである。

しかし、元範の祖父から兄まで政争に巻き込まれて亡くなっていた。彼も江華島(カンファド)に流されて、農業をしながらみじめな生活を送っていたため、王宮内であまり存在を知られていなかったのだ。そんな彼に突然の転機が訪れる。




1849年に24代王・憲宗(ホンジョン)が22歳という若さで世を去った。しかし、彼の王としての人生は、祖母である純元(スヌォン)王后と、その実家の安東(アンドン)・金(キム)氏に振り回された非常に影の薄いものだ。

純元王后は、憲宗が亡くなっても悲しんでいる時間はなかった。憲宗には息子がおらず、早急に後継者を探す必要があったが、当時の王家には男子が少なくなっていた。そんな緊急事態の中で、純元王后が見つけてきたのが元範である。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る