康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人10」

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆風に立ち向かう獅子

よほど有能だったのだろう。弁護依頼が殺到し、1918年には1年間に担当した件数が、判決が下った刑事事件だけでも190件にのぼった。超人としか言いようがないほどの活躍ぶりだ。

布施辰治は特に、社会的弱者の弁護に熱心だった。

いくつもの労働争議や社会運動弾圧法廷で辣腕をふるった他、普通選挙実現や公娼廃止などに向けた運動も活発に行なった。

特に、差別される人たちに同情し、1919年からは、「三・一独立運動」に関連した容疑で東京で逮捕された留学生など朝鮮半島出身者たちの弁護を数多く担当するようになった。




彼はもともと、1910年に強行された日韓併合を「資本主義的で帝国主義の侵略であった」と憤怒していた。

それだけに、朝鮮民族の独立運動に対して共感を示し、自らもその運動を支えたいという強い意識を持っていた。

なぜ、布施辰治はそれほどまでに朝鮮半島の人たちを救いたいと思ったのか。それは、彼が「虐げられている者こそが最も救われるべきだ」という信仰を持っていたからに他ならない。

人権意識が薄い時代の困難さは、現代からは想像すらできない。そんな時代に自らの信念に生きた布施辰治は、まさに「逆風に立ち向かう獅子」を思わせる。

(後編に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

「韓流スターと兵役」をテーマにした康熙奉の講演会はこちらです。

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る