いま読みたい!人気俳優物語9

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

第9回/イ・ジュンギ(中編)

 

なぜ、イ・ジュンギはファンのことを極限まで思い続けることができるのか。そのことを考えていくと、彼が長くファンに愛されている理由がわかってくる。「演技を長くするためには、ファンと離れてはいけないんです」という彼の言葉も頼もしい。

 

B

 

自分のありのままを見せる

スターにとってファンは、なくてはならない存在だ。

いや、ファンなしではスターというものは最初から存在できない。

星がいくら輝いても、それを見てくれる人がいないと何の意味もない。それだけに、スターがファンを大切にするのは当たり前だともいえるが、スターはときどきファンという存在を面倒くさがったり、知らない間に無視したりする。多くのスターがファンの愛情で育てられるが、後にはファンを軽んじる間違いをおかしやすいのだ。

特に、一朝一夕に人気を得たシンデレラ型のスターなら、どうしてもファンのありがたみがわかりづらい。

しかし、イ・ジュンギは、誠実にファンと接する。彼はファンと自分は一つの家族だという。つまり、ファンは俳優イ・ジュンギの成長を見守ってくれる家族のような存在なのだ。

だからなのか、イ・ジュンギのファンには中高年も多い。ファンは本当に、イ・ジュンギが自分たちの子供や甥であるように世話をする。イ・ジュンギをインタビューする雑誌社には、彼のファンクラブから餅が送られるというのはその一例とも言えるだろう。

ファンがこのようにイ・ジュンギを身近に感じるのは、彼が自分のありのままをファンに見せているからだ。もしイ・ジュンギが自分を隠したり飾ったりするスターだったら、ファンはこれほど彼を親しく思わないだろう。

(次ページへ)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る