超新星グァンスとジヒョクが入る義務警察の広報団とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

超新星の中で、今はゴニル、ソンモ、グァンス、ジヒョクの4人が兵役中だが、グァンスとジヒョクは義務警察の広報団に入ったことが明らかになった。果たして、義務警察の広報団とは、どんな組織なのだろうか。

釜山警察広報団の公演風景(写真=釜山地方警察庁の公式サイトより)

釜山警察広報団の公演風景(写真=釜山地方警察庁の公式サイトより)

義務警察の任務

グァンスとジヒョクは、6月9日に韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所に入隊した。

6月9日は木曜日だった。この時点で、グァンスとジヒョクが義務警察隊員か社会服務要員になることがはっきりした。なぜなら、兵役で義務警察隊員か社会服務要員になる人の入隊式は、毎週木曜日に行なわれるのが決まりだからだ。

2人が4週間にわたる新兵訓練を終えて陸軍訓練所を退所したのが7月7日だった。




通常、新兵訓練を終えて義務警察に配属された人は、続いて、警察で勤務するための教育を専門のセンターで受ける(この教育センターは全国に10カ所ある)。期間は原則として3週間で、「警察で働くための心構え」「規則正しい生活のための管理意識の向上」「装備の点検と使い方」「交通勤務訓練」「デモ隊への対処」「交番勤務訓練」「救急法の習得」などを行なう。

こうした新人研修が終わってから、各警察庁に配属される。その後の義務警察隊員は、交番勤務、交通整理、デモ隊への対応、重要施設の治安維持などの任務に従事する。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る