日本と違う韓国のビックリ27

このエントリーをはてなブックマークに追加

並んでまで食べたくない

映画のエンドロールにおける日韓の違い。習慣が異なるのは確かだが、やはり韓国の人のほうがせっかちだ。

なにしろ、韓国で一番使われる言葉が「パルリ(速く)」ではないか、と言われるほどである。

食堂でも、「パルリ」と叫んでいる人をよく見かける。注文したものが来ないのはわかるが、たいていはまだ5分も待っていない。よほど待つことが苦手なのだろう。

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)の事務所は神田神保町にあるが、昼どきに長蛇の列を作っている食堂が4つある。讃岐うどん、やきそば、ラーメン、焼肉の店である。実際に数えたら、やきそばの店は炎天下に70人が並んでいた。

行列の多さを見た韓国人はかならず驚く。

「うどんや焼きそばを食べるのに、あんなに並ぶんですか。韓国では考えられない」

そうなのである。私も韓国で、長蛇の列をつくっている食堂を見た記憶がない。




帰省ラッシュのときに超満員の列車に乗るためとか、大好きなスターのコンサートを見たためとか、特別な理由で行列ができることはあるが、食堂に並ぶのは時間の無駄と考える韓国人は多い。

そのワケは?

「だって、食堂は他にいくらでもあるでしょ。並ぶ理由がない」

韓国ではその通りである。

しかし、日本では違う。

「好きな店に入るためなら、いくらでも待つ」

行列に慣れた人たちは同じように、映画のエンドロールも最後まで見るのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ28

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る