東方神起チャンミンが語る『夜を歩く士(ソンビ)』の面白さ!(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現在、義務警察で兵役を履行している東方神起のチャンミン。彼が兵役に入る前に出演したドラマが『夜を歩く士(ソンビ)』である。彼にとっては初めての時代劇だった。「言葉づかいなど、最初から最後まで難しいことばかりでした」と戸惑いを語っていたが、ドラマの中ではイ・ユンという役を魅力的に演じていた。

KPnhYFaml9VcvV81468895671_1468895793

遊び人を装うイ・ユン

『夜を歩く士(ソンビ)』は、120年という長い時間を生きているヴァンパイアのソンヨル(イ・ジュンギ)を中心に展開されるファンタジー時代劇だ。

タイトルにある「ソンビ」とは、朝鮮王朝時代に高い志を持った儒教的な教養人のこと。主人公はヴァンパイアだが、ソンビのような資質を持っていることがタイトルの上でもわかるのである。

このドラマの中で、チャンミンはどんな役を担っているのか。




本人から直接説明してもらおう。

「僕が演じたイ・ユンは、国の世子(セジャ/王の正式な後継者)で、将来は王になる役柄です。国内にはさまざまな争いがあり、現在の王である祖父とその周囲の人々の間には、心が痛くなるような事情があります。それで、イ・ユンは遊び人のフリをします。外に出てお酒を飲んだり、女性と遊んだりします。そうやって、周りの人が軽く見て油断してしまうように誘導するのです」

本心と違って遊び人のフリをするというのは、深い心理描写が必要になる。

(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る