朝鮮王朝おもしろ人物列伝(4代王・世宗編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

聡明な王の誕生

1418年、忠寧は4代王・世宗となった。実際に実権を握っていたのは父親の太宗だったが、まだ若くて経験の足りなかった世宗にとって、悪いことではなかった。そして、1422年に太宗が世を去って、世宗は正真正銘の王となったのである。

もともと聡明だったうえに、経験を積んで実務にも慣れた世宗は大いに力を発揮した。類まれなる指導力は政治や経済、文化や社会など幅広く及んだ。

世宗は、王に集中していた権力を分散させ、後継ぎにも一定の権力を与えた。その理由は、王に不備があった際に混乱が起きないようにするためだった。彼はとても国民を愛し、臣下の者たちを信頼した。さらに世宗は人事を活用することにも優れており、身分が低くても能力がある者には役職を与えたのだ。しかし、その一方で、コネによって人事を歪めることを極端に嫌った。それについては、こんな話がある。




世宗が寵愛していた女性が、「私の兄に役職を与えてください」と頼み込んできた。本来なら願いをかなえてあげたいところなのだが、世宗はそれをはっきりと断り、以降はその女性を遠ざけてしまう。

さらに、世宗は側近たちの手を煩わせることもしなかった。

彼が病気になったとき、側近が「効能に優れている白い雄鶏、黄色い雌鳥、羊の肉を献上いたしましょう」と言ってきた。しかし、世宗は「我が国には羊がいないではないか。病気を治すためとはいえ、むやみに殺生してはならん」と断った。本当にとても優しい心を持った王だった。(ページ3に続く)

朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

https://goo.gl/Hq6wU5

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

https://goo.gl/Ff3ssb

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

https://goo.gl/zf3dvA

ページ:
1

2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る