朋道佳のイチオシ4『応答せよ1988』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

毎回韓国で大きな社会現象を引き起こす“応答せよシリーズ”の雰囲気は独特です。『応答せよ1997』でブームを巻き起こし、二番煎じと危ぶまれた『応答せよ1994』も予想外の大ヒット。そして、三度目の正直『応答せよ1988』は韓国放送通信委員会が主催した放送大賞で最優秀賞を受賞するほどの素晴らしい作品となりました。

53ad5fe76b27a2b972a74d35edec9815

温かいドラマ

“応答せよシリーズ”には韓国ドラマにありがちな、手の届かないような御曹司や復讐劇、事故や記憶喪失もほぼ出てきません。

描かれているのは、ごくごく平凡な人たちのどこにでもある日常です。

だからこそリアリティがあり、誰の心にも共感し得る“何か”を見つけ出すことができるのです。

それが、三度目の正直でも大成功を収めることができた要因なのかもしれません。




『応答せよ1988』はソウルオリンピックが開かれた1988年を舞台に、ソウル道峰(トボン)区の双門洞(サンムンドン)に暮らす5つの家族の物語を描いたドラマです。友達とふざけ合った思い出、父や母のぬくもりや、実らなかった恋、かつて経験してきた遠い日の記憶はどれだけみなさんの心の中に残っていますか。

そして、私たちは日々の忙しさに追われ、いったいどれだけのことを忘れて生きているのでしょう。

『応答せよ1988』は私たちが過去に置き忘れてきた懐かしい記憶をゆっくり思い出させてくれる温かいドラマです。
(ページ2に続く)

朋道佳のイチオシ5『国際市場で逢いましょう』

朋道佳のイチオシ6『一理ある愛』

朋道佳のイチオシ7『ヒマラヤ~地上8000メートルの絆~』

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る