韓国の視聴者はチャン・グンソクの演技をどう見ているか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国で第16話が放送されて全24話の三分の二が終了した『テバク』。チャン・グンソクの演技がますます良くなっている。彼も、演じていて楽しくて仕方がないのではないか。俳優は作品によって育てられる。『テバク』はチャン・グンソクにとって忘れられないドラマになるだろう。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

演技表現が芸術的

第16話でのチャン・グンソクは、とても難しい演技を求められた。なぜなら、自分が王の息子であるという驚愕の事実を知らされたテギルが、苦悩しながらも新しい人生を歩き始めたからだ。

王の息子であり、ヨニングン(後の英祖〔ヨンジョ〕)の兄であるとわかった以上、テギルはそれまでのテギルではない。チャン・グンソクとしては、主人公のテギルを別人のように演じなければならない。まさに、俳優としての多様性を問われる場面の連続だ。

しかし、チャン・グンソクは臆することなく、堂々と「王の息子」を演じきっていた。さらに、親しい仲間と接するときには、周囲をホッとさせる余裕の演技も見せている。




そんなチャン・グンソクに対しては視聴者からも好意的な意見が寄せられている。

「『テバク』出演陣の演技は、みんな神のようです。その中でも、チャン・グンソクの演技は1人で何役もやっている感じ。多様なキャラクターをすべて消化しているので賛辞を送りたいです」

「テギルがあまりにもカッコイイ! どんどん素晴らしくなるペク・テギル! 表情演技がチャン・グンソクは芸術的。耳も動きまでも……。アクションシーンもとてもいいですね」

まさに、『テバク』を見ている人たちの喜びが伝わってくるかのようだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る