朝鮮王朝おもしろ人物列伝(ファン・ジニ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう1つのエピソード

P-7D

韓国ドラマ『ファン・ジニ』には史実のエピソードが多く使われている。先ほどの棺が動かなくなった逸話のほかにもう1つ、風流人として有名だった碧渓守(ピョク・ケス)とのエピソードを紹介しよう。

「ファン・ジニは風流な人にしか会わない」と聞いていた碧渓守は、月夜にコムンゴ(琴の一種)を弾けばファン・ジニが現れるので、そのときに関心のないふりをして馬で駆け去るという計画を練った。

ファン・ジニが現れたことに気付いた碧渓守が急いで馬にまたがると、世にも美しい声が聞こえてきた。




「青山を巡る碧渓守よ 疾き流れを誇るなかれ ひとたび大海に至れば 再び見えること難し 明月が空と山を満たす 今宵をともに過ごさん」

それを聞いた碧渓守はウットリしすぎて落馬してしまう。

また、ファン・ジニのような美しい女性に「今宵を共に過ごそう」と、突然言われたら驚くのも当然である。

碧渓守も、まさかそう言われるとは思っていなかった。結果的に、落馬して恥をかくことになったのだ。ファン・ジニのほうが一枚上手だった。(ページ3に続く)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

https://goo.gl/GRFXrW

ファン・ジニ(黄真伊)の華麗なる人生に迫る!

https://goo.gl/D4m1pu

ファン・ジニ(黄真伊)の人生!朝鮮王朝の女流詩人

https://goo.gl/LFt7kR

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

ページ:
1

2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る