朝鮮王朝おもしろ人物列伝(ファン・ジニ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回 才能と容姿に恵まれた美女ファン・ジニ

韓国の国語の教科書にも詩が掲載されるほど有名な女流詩人だったファン・ジニ。ドラマではハ・ジウォンが彼女を演じていた。詳しい経歴などはわからないが、実際にはどのような人物だったのだろうか。

多くの男性から愛された女性

ドラマ『ファン・ジニ』でハ・ジウォンが扮したファン・ジニ

ドラマ『ファン・ジニ』でハ・ジウォンが扮したファン・ジニ

ファン・ジニは、朝鮮王朝11代王・中宗(チュンジョン)が統治する時代に生きていた人物である。彼女は女流詩人として有名で、詩歌や舞踊などの才能を持つ女性だった。さらに、すごい美女であったため、ファン・ジニに一目ぼれする男性が後を絶たなかった。その中で、こんな不思議な話が逸話として伝えられている。

ある日、ファン・ジニは自分の家の前が何か騒がしいことに気付いた。気になって外に出てみると、若者の棺を乗せた台車が運ばれていくところだった。その若者は、ファン・ジニに恋焦がれていた末に病気で亡くなってしまったのである。




その台車がファン・ジニの家の前を通り過ぎようとしたとき、不思議なことが起こった。棺が突然動かなくなってしまう。その後、力のある男たちが何人集まっても動かすことはできなかった。事情を理解したファン・ジニが自分が着ていた上着を棺に掛けると、それまでテコでも動かなかった棺を乗せた台車が動き出したのである。

亡くなった若者は、死んだ後もファン・ジニのことを諦められなかったのだろう。その想いが不思議な出来事を起こしたのかもしれない。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る