ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第2回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回 俳優になることを決意

[[AC]]

内向的な転校生

ペ・ヨンジュンは小学5年生のとき、明逸(ミョンイル)小学校に転校した。内向的だった少年にとって、この転校はさらに心を閉ざすきっかけになってしまった。

なにしろ、転校してすぐに厳しい儀式が待っていた。それは子供の世界の新参者がかならず受けなければならない洗礼でもあった。

ある女の子が転校生のペ・ヨンジュンに興味を持ってきたので、彼も仲良く話を交わした。しかし、その女の子が好きな男の子と仲間からペ・ヨンジュンは放課後に呼び出され、鉄拳を受けた。

もちろん、ペ・ヨンジュンもただやられていたわけではない。必死に抵抗を試みて反撃を加えたが、なにしろ相手は3人でかなうわけがなかった。見るも無残にボコボコにされてしまった。




内向的な転校生。クラスになかなかなじめなかったのは仕方がなかった。小さないじめはしょっちゅうだったが、ペ・ヨンジュンは必死に耐えた。辛抱強い性格はこのときに培われたのかもしれない。

ようやく小学校を卒業したペ・ヨンジュンは、培材(ペジェ)中学に入学した。この中学は韓国中に知られる超名門。1948年に韓国が建国されたときの大統領だった李承晩(イ・スンマン)もこの中学の出身者である。各界の大物を数多く輩出しているだけに、ペ・ヨンジュンの両親も息子の入学をことのほか喜んだ。

実際、ペ・ヨンジュンはこの中学のときが勉強に一番集中できた。なにしろ、なんにでも「なぜ?」と疑問を持つタイプである。おもちゃを分解したり組み立てたりして夢中になって遊んでいた子供は、やがて数学の問題集を一つ一つ解いていく喜びを知るようになった。
(ページ2に続く)

ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第3回〕

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る