韓国の視聴者は『テバク』に何を期待しているか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

5月3日の放送で第12回を終えた『テバク』。視聴率も上昇に転じて、視聴者の関心も高まっている。SBSの『テバク』公式サイトの視聴者掲示板にも貴重な意見が次々にアップされている。韓国の視聴者は『テバク』にどんなことを期待しているのだろうか。

11

ファンをうならせるヨ・ジングの眼差し(写真=韓国公式サイトより)

 

テギルとヨニングンに注目

『テバク』の視聴率は、5月2日放送の第11話が8.9%で、5月3日放送の第12話が9.2%だった。

視聴率を9%台に戻した『テバク』。今後はさらに上昇気流に乗っていくはずだ。過去の最高視聴率は第2話の12.2%。ストーリーが面白くなってきたので、それを超えることも十分に可能だろう。

韓国の視聴者が特に注目しているのが、チャン・グンソクが演じるテギルとヨ・ジングが扮するヨニングン(後の英祖〔ヨンジョ〕)の兄弟愛である。




たとえば、次のような意見があった。

「ますますヨニングンとテギルがかっこいいですね。バックミュージックも良くて、映像もすばらしいです。タムソをめぐって三角関係、あるいは四角関係が期待されますね。とにかく、ヨニングンとテギルが会うシーンが増えればいいですね。ヨニングンの肉声が本当に最高です。暗くて重い中で物語が進行していますが、ロマンスも登場し、ヨニングンとテギルの魅力がさらにあふれるようです。また、粛宗(スクチョン)と李麟佐(イ・インジャ)のカリスマ性にいつも背筋が凍るほどです」

「ようやく、大虎になったテギルに会えるのですね。兄弟の活躍に期待します」
(次ページへ)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る