垂涎!韓国宮廷料理のおいしい研究

このエントリーをはてなブックマークに追加

『宮廷女官 チャングムの誓い』でも大きく取り上げられた韓国の宮廷料理。すべては国王のために用意された垂涎の豪華料理だった。そういう意味では、朝鮮王朝時代に君臨した27人の国王は、究極のグルメだったといえる。果たして、国王たちは具体的にどんなおいしい料理を食べていたのか。

王は1日に5回も食べていた

これこそが韓国の宮廷料理

これこそが韓国の宮廷料理

現在の韓国料理の源流が朝鮮王朝時代の宮廷料理だといっても過言ではない。宮中で開発された調理方法が最先端の技術として庶民の厨房にも伝えられ、それが伝統として今に息づいているからだ。

もちろん、一般家庭で宮中と同じ食材を使うことはできなかったが、少なくとも「薬食同源」の考え方は朝鮮半島のどこにも広く伝えられた。

いわば、宮廷料理は韓国の食文化の基本。それを思う存分に堪能したのが、ときの国王だったというわけだ。

それでは、具体的に国王の食事を見ていこう。




宮廷料理は朝鮮半島全土から集められた進上品を使って作られた。調理をするのは、腕に自信がある女官と、王宮の外部から呼び寄せた男の調理師だった。

王、王妃といった王室の中心人物には1日5回の食事が用意された。こうした人たちが食べる料理は、特にスラサンと呼ばれた。

その日の一番最初の初スラ(正式には初朝飯という)では、主にお粥を食べた。そして、午前10時頃に朝スラ、午後に昼スラ、夕方5時頃に夕スラを豪華に取った。さらに、最後に夜食を食べて1日をしめくくった。

どう考えても食べすぎである。歴代の国王には口内炎が多かったというが、なんとなくわかるような気がする。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る