日本と違う韓国のビックリ19

このエントリーをはてなブックマークに追加

第19回 歴史から学ぶ教訓

ソウルに行ったときは、光化門(クァンファムン)に近い旅館にいつも泊まっている。その旅館から街中に出るときには、李舜臣(イ・スンシン)の像の前を通る。その度に、ゆっくり像を仰ぐ。像の位置が高すぎて、すぐに首が痛くなるのだが……。

日本に渡った朝鮮王朝の使節

ソウル中心部にある李舜臣の像

ソウル中心部にある李舜臣の像

李舜臣といえば、朝鮮出兵である。

彼は救国の英雄として朝鮮半島の歴史に燦然と輝いている。

しかし、李舜臣を讃えるだけでは歴史から教訓を得られない。私がいつも思い出すエピソードは韓国にとって苦いものなのだ。

それは、1590年の出来事である。

天下統一を果たそうとしていた豊臣秀吉は、大陸に侵攻する意思を明確に持っていた。日本での不穏な動きを察知した朝鮮王朝は、秀吉の天下統一を祝賀するという名目で、偵察を目的とした使節を派遣した。

使節は日本に渡ったが、そのとき秀吉は小田原攻めの最中だった。使節一行は京都でしばらく待たされることになった。

待っている間に使節は、日本の国情をもっと冷静に調べ上げるべきだった。それなのに、ただ時を待っていたとしか思えない。

小田原攻めが終わった後に東北を回ってきた秀吉は、1590年の秋に京都に戻ってきた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る