2PMテギョン 音楽と俳優を両立させる秘訣は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

K-POPのスターが音楽だけでなく俳優もこなすことが当たり前になった。人気を獲得するような逸材は多彩なのである。2PMのテギョンもそんな1人だ。音楽と俳優の両立はスケジュールが厳しくなりがちだが、それを乗り切るためにはどんなことが必要なのだろうか。

一途に演じるのが持ち味

kirinuki2

2PMのテギョンが俳優デビューを果たしたのは、『シンデレラのお姉さん』(2010年)でジョンウを演じたときだ。

役の上でのジョンウは正直で一途な性格。そんな若者をテギョン自身も一途に演じて高い評価を得た。

こうした経験が生きて、今度は『ドリームハイ』(2011年)でチン・グク役に抜擢された。

ドラマの中のテギョンは、屈強な肉体と無邪気な笑顔がすばらしかった。また、重低音の歌声と迫力満点のダンスは、ドラマのレベルアップに大きく貢献した。




彼が演じたチン・グクは財閥の隠し子として生まれ、幼い頃に孤児院に入れられて育つ。その後、父に引き取られるが、その存在を隠すような生活を強いられ、自分のアイデンティティに戸惑って家を飛び出してしまう。しかし、最終的にキリン芸能高校に入学して才能を開花させる。

以後のチン・グクは本当に生き生きしていた。それはまた、自分にとって最高の役を得たテギョンの喜びの投影でもあった。

このように、『ドリームハイ』を撮影している間、テギョンは完璧にチン・グクとして生き、若者の苦悩と喜びを最大限に表現した。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る