日韓関係を変えた「韓流の贈り物」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『冬のソナタ』の大ヒットによって2004年頃から日本で起こった韓流ブームが、日韓関係において果たした役割は大きい。ただし、この韓流ブームには下地があった。それは2002年にFIFAワールドカップ日韓大会が開かれたことだ。あのとき、日本からも大勢のファンが韓国の地方に出掛けて生でワールドカップを観戦した。

『冬のソナタ』の成功

『冬のソナタ』は韓流ブームの立役者

『冬のソナタ』は韓流ブームの立役者

ワールドカップのとき、韓国に行った日本人は試合観戦だけでなく、韓国の文化や暮らしを体験する機会を得た。

それまで、日韓両国が共同で世界的なビッグプロジェクトをやり遂げたことはなかった。それがワールドカップという、世界最大級のスポーツイベントを共催して成功させたのである。

この大会が、両国の草の根的な交流を促進させたことは間違いない。そういう下地があったからこそ、NHKはBSの海外ドラマの枠で韓国ドラマを放送することに前向きになった。その第1作目に選ばれたのが『冬のソナタ』だった。




NHKとしては、初めて放送する韓国ドラマに不安があった……果たして、日本の視聴者が好意的に受け止めてくれるかどうか、と。

しかし、心配は杞憂だった。

放送が始まると「ストーリーが面白い」「主人公のペ・ヨンジュンとチェ・ジウが魅力的」「映像が美しい」「洗練された音楽が素晴らしい」といった称賛の声がNHKに数多く寄せられた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る