2PMジュノ 突き抜けていく感性!

このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに発展していく可能性

nSahn3HjHDeucv51460705331_1460705368

演技とは、日常生活の中で私たちが見せる感情の動きをそのまま自然体で演じるものである。つまり、自分の感性を生かせる表現手段なのだ。それだけに、経験を積めば、確実に演技力は上達する。

たとえば、つたない演技しかできなかった俳優も5年経てば、周囲を納得させられる演技力を備えるものだ。

しかし、勘が良くない人は、一人前になれても、それ以上にはなれない。最後のプラスアルファを持っているかどうかで、俳優の真価が問われる。

以上が私の俳優論なのだが、最近は規格外の俳優が次々に出てくる。多くは、K-POP出身の若者たちである。




かつては、韓国でもK-POPのアイドルをいきなり主役に起用して、演技不足からバッシングされることがあった。

しかし、今はそんなことがない。K-POP出身の若者は無難に演技をこなしていく。長い練習生期間に歌やダンスだけでなく、演技の訓練もしている賜物ではないだろうか。K-POPには、実に器用で才能豊かな若者が多い。

その中で特に注目していたのが、2PMのジュノである。彼の音楽的才能は言うまでもないことであり、あの声は持って生まれた天性を感じる。それでいて、演技の世界でもジュノは勘の良さをいかんなく発揮している。一人前のレベルで止まるのではなく、そこからさらに発展していく可能性を感じさせてくれる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る