ペ・ヨンジュン 熟睡する俳優魂

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今、ペ・ヨンジュンに一つの質問ができるとすれば、ぜひ聞いてみたいことがある。それは、「このまま作品に出ないのですか。来日する度に『新しい作品でご挨拶したい』と言ってくれましたが、あれは社交辞令だったのでしょうか」と。最後の主演作品の『太王四神記』から8年以上。俳優魂は長い眠りについたままなのだろうか。

演技に対する無上の喜び

´«ÀÌ ÁÁÀº ¹è¿ì ¹è¿ëÁØ

一つの作品ごとに全身全霊を傾けて取り組んできたペ・ヨンジュン。彼の俳優人生のスタートは1994年だった。

その年の10月23日の韓国スポーツ紙・芸能欄に「新人突風を予告」という大見出しの記事が載った。

これが、ペ・ヨンジュンが初めてマスコミに登場した瞬間だった。

記事はペ・ヨンジュンが1994年11月1日からKBSで始まるドラマ『愛の挨拶』の主人公に抜擢されたことを詳細に紹介している。中には、「高校在学中から容姿に恵まれていたペ・ヨンジュンは、先生から『おまえは俳優になれ』とよく言われた」というエピソードがあって、思わずニヤリとさせられる。新人俳優のいいところを強調してあげようという好意的な意図を感じさせる文章だ。その記事は、ペ・ヨンジュンの決意あふれる言葉で最後が締めくくられた。

「長いあいだ夢見てきたことが実現して、その喜びを言葉で表せないほどです。同時に、重圧も感じています。初めてのことばかりですが、体力が許すかぎり最善を尽くしたいと思います」




どれほどの感激をもって、ペ・ヨンジュンは俳優人生をスタートさせたのか。「喜びを言葉で表せない」というコメントの中に、彼の無上の喜びを感じ取ることができる。

その感激の日から、今は20年以上が過ぎた。

どんな仕事に取り組むとしても、20年というのは、経験を積むのに十分すぎる歳月だ。人によっては「ものごとの本質をつかまえた」と言い切っても構わないし、「結果には大いに満足している」と自賛してもさしつかえない。

ペ・ヨンジュンの場合は、前半の10年と後半の10年は作品数に違いがある。もともと寡作とはいえ、後半の10年の主演作は映画『四月の雪』とドラマ『太王四神記』の2本しかない。『ドリームハイ』の特別出演を除けば、現時点で『太王四神記』以降は俳優も休業状態になっている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る