「何でもやる」チャン・グンソクの並々ならぬ決意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国SBSで放送中の『テバク』。4月11日に放送される第5話で、テギルが別人のように生まれ変わる。それもそのはずだ。愛情を注いで育ててくれた父親が、テギルを守るために命を落としているのだ。テギルも今までのようなわけにはいかない。その変身ぶりがドラマを大きく動かす。

野人になったテギル

父親の墓の前で号泣するテギル(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

父親の墓の前で号泣するテギル(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

4月5日に放送された『テバク』の第4話。エンディングが衝撃的だった。テギルの父親が息子を守るために命を落としたのだ。それは壮絶なシーンだった。

父親によって命を助けられたテギル。第5話以降は、生まれ変わった彼の新しい姿が描かれる。

ただし、テギルもたやすく生まれ変われたわけではない。そこに至るまでに、死ぬほどの苦しみがあったのだ。

驚くようなシーンがある。それは、野人のようになったテギルが蛇に必死に食らいついているのだ。極限の状態で、いかにテギルが生き抜こうとしているのかがわかる。




チャン・グンソクも、体当たりの演技を見せている。“ラブコメの貴公子”が過去の栄光を忘れ、「何でもやる」という覚悟を自らの演技で見せつけている。

「これがあのグンちゃん?」

そう思わざるをえない。もはや、『美男<イケメン>ですね』や『ラブレイン』を演じていたときの彼ではない。感傷を捨て、チャン・グンソクは自らの俳優魂を燃えたぎらせた。そんな姿を『テバク』の第5話で見ることになるとは驚きだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る