なるほど!韓流ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

誰もが知っている名作から韓国の歴史やちょっとしたトリビアまで。韓流にまつわるあらゆる情報をランキング形式でご紹介。第1回は、韓国ドラマの歴代視聴率に迫る。

 

テーマ1.韓国ドラマ最高視聴率ランキング

 

“ドラマ大国”と呼ばれる韓国では連日多くのドラマが放送されている。当然、国民のドラマに関する関心も非常に高い。それは、歴代最高視聴率を見るとよくわかる。1位の『初恋』65.8%、2位の『愛は何のために』64.9%など、視聴率50%を超える作品が数多く存在するのだ。

ランキング(ページ下部)を見てみると、トップ20のほとんどが1990年代後半から2000年代初めに集中していることがわかる。

1990年代後半の韓国は深刻な経済危機に瀕していて、この時期のドラマは見る人に勇気を与えるような作品が目立つ。それが視聴者に受け入れられて高視聴率獲得に繋がった。

特に、1997年に歴代最高視聴率を獲得したKBS『初恋』の影響力は大きい。この作品は、1970年代の韓国を舞台に、若き日のペ・ヨンジュン扮するチャンウの姿は必見。いかなる障害にも負けない姿は、家族のきずなと誠実に生きることの大切さを教えてくれる。

90年代は他にも、本当の家族になるまでをリアルに描き多くの世代の共感を集めた『あなた、そして私』や、韓国初の女性企業家のサクセスストーリーを描いた『グッキ』など、見るだけで元気を貰える作品が多く作られたことが特徴的だ。

全体的に見ると苦しい境遇を克服して、自らの努力とバイタリティーで成功していくという成長物語がやはり多い。この時代に確立された韓国ドラマの基本フォーマットは、今の韓国ドラマにもしっかりと息づいている。




■韓国歴代最高視聴率トップ10※AGBニールセン調べ

1位『初恋(KBS)』65.8%(1997年)

2位『愛はなんのために(MBC)』64.9%(1992年)

3位『砂時計(SBS)』64.5%(1995年)

4位『ホ・ジュン~宮廷医官への道(MBC)』63.7(2000年)

5位『若者のひなた(KBS)』62.7%(1995年)

6位『あなた、そして私YOU&I(MBC)』62.4%(1998年)

7位『息子と娘(MBC)』61.1%(1993年)

8位『太祖王建(KBS)』60.2%(2001年)

9位『黎明の瞳(MBC)』58.4%(1992年)

10位『宮廷女官チャングムの誓い(MBC)』57.8%(2004年)

(次ページへ)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る