入隊するスターがファンに残す感動の言葉!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

別れはつらいものだが、それでも勇気づけられる言葉があれば、ファンの心もただ悲しいだけではないだろう。海兵隊に入隊したヒョンビン、力強い宣言をした東方神起のユンホ、最後までファンを気づかったイ・ジュンギ……3人のメッセージを通して、入隊するスターの心境をさぐってみよう。

「申し訳ない」という気持ち

海兵隊に入ったヒョンビン

海兵隊に入ったヒョンビン

ヒョンビンは韓国軍で一番訓練が厳しいと言われる海兵隊に志願し、2011年3月7日に浦項(ポハン)にある海兵隊訓練所に入隊した。

彼は「元気な姿で、2年後再び戻ってきます」とファンに語りかけて、訓練所に入って行った。

そのときのヒョンビンの心境はどのようなものだったのだろうか。

彼はこう述懐した。

「泣かないだろうと思っていました。もともと、涙もろいほうでもないですから。まさか泣くことはないだろうという気持ちでした。ところが、ファンを見た瞬間、何かが込み上げてきたんです。今まで、みなさんから愛をいただいてばかりでした。何かを少しでもお返ししなくてはならないのに、何もできずに行くのだと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました」




このように、ヒョンビンはファンに対して「申し訳ない」という気持ちを強く持った。これから厳しい訓練に立ち向かっていくというのに、ヒョンビンは自分のことよりファンのことを思い続けていた。

こういう気持ちは、自分を奮い立たせるきっかけになるのではないか。あれほど厳しい訓練を全うすることができたのも、ヒョンビンが誰よりも支えてくれる人たちのことを考え、その人たちに報いようとしたからに違いない。

ファンに対する「申し訳ない」という気持ちは、結局はヒョンビン自身を大いに助けたのである。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る