チャン・グンソク 『テバク』から始まる新しい挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回 30歳の初作品

テバク25

男の30代にすべきこと

3月24日、ソウルで開かれた『テバク』の制作発表会に登場したチャン・グンソクは、自分自身についてこう語っていた。

「30歳になる俳優として最初の作品です。今までのものを捨てて、新しいものを身につけられる作品になるのではないか(と期待しています)」

30歳になったことを強く意識した発言だった。

日本からみると、「あれっ」という感じを持った人も多いだろう。チャン・グンソクは1987年8月4日生まれである。30歳になるまでに、まだ1年半ちかくもある。なぜ30代の最初の作品が『テバク』だと発言したのか。

この違和感は、日本と韓国の年齢の数え方の違いから生じるものだ。

韓国では今も数えで年齢を言うことはよく知られている。なにしろ、母親のお腹の中にいるときから生命が始まっていると考える。つまり、生まれる前からすでに年齢を数えるのだ。




そして、生まれたら1歳になり、年が改まるとまた1歳が加わる。年齢を完全な満で数える日本とは、計算方法に違いがある。

それだけに、チャン・グンソクが「すでに自分は30代に入っている」と考えるのは、韓国ではごく当たり前のことなのである。

男の30代……。

明らかに20代とは違う。20代があふれる若さで人生を謳歌するとすれば、30代は自分の進むべき道を明確に見つけて、社会の中で自分の立ち位置をしっかり作らなければならない。

ウカウカしていられないのは当然のことだが、何よりも世間の評価というものを確立していかなければならない年代なのである。

そのことを強く意識していたから、チャン・グンソクは制作発表会で「30歳になる俳優」と発言したのだろう。

そこに並々ならぬ決意を感じ取ることができる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る