チャン・グンソク 『テバク』から始まる新しい挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回 30歳の初作品

テバク25

男の30代にすべきこと

3月24日、ソウルで開かれた『テバク』の制作発表会に登場したチャン・グンソクは、自分自身についてこう語っていた。

「30歳になる俳優として最初の作品です。今までのものを捨てて、新しいものを身につけられる作品になるのではないか(と期待しています)」

30歳になったことを強く意識した発言だった。

日本からみると、「あれっ」という感じを持った人も多いだろう。チャン・グンソクは1987年8月4日生まれである。30歳になるまでに、まだ1年半ちかくもある。なぜ30代の最初の作品が『テバク』だと発言したのか。

この違和感は、日本と韓国の年齢の数え方の違いから生じるものだ。

韓国では今も数えで年齢を言うことはよく知られている。なにしろ、母親のお腹の中にいるときから生命が始まっていると考える。つまり、生まれる前からすでに年齢を数えるのだ。




そして、生まれたら1歳になり、年が改まるとまた1歳が加わる。年齢を完全な満で数える日本とは、計算方法に違いがある。

それだけに、チャン・グンソクが「すでに自分は30代に入っている」と考えるのは、韓国ではごく当たり前のことなのである。

男の30代……。

明らかに20代とは違う。20代があふれる若さで人生を謳歌するとすれば、30代は自分の進むべき道を明確に見つけて、社会の中で自分の立ち位置をしっかり作らなければならない。

ウカウカしていられないのは当然のことだが、何よりも世間の評価というものを確立していかなければならない年代なのである。

そのことを強く意識していたから、チャン・グンソクは制作発表会で「30歳になる俳優」と発言したのだろう。

そこに並々ならぬ決意を感じ取ることができる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る