カテゴリー:韓流スター

  • ユチョン問題が象徴する韓国芸能界の実態

    4人目の告訴が提出されて混迷をきわめているユチョン問題。警察署の捜査チームもメンバーが増員されて、今週は本格的に捜査が進むことが予想される。今回の騒動の根底には、韓国芸能界の体質も多いに関係している。…
  • ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔最終回〕

    最終回 『太王四神記』に主演 映画『四月の雪』の撮影は2005年6月に終わったが、その直後にぺ・ヨンジュンは体調不良で入院してしまった。それくらいぺ・ヨンジュンは精魂尽き果てた。彼はいつものように全力でドラマの撮影…
  • K-POPの若手スターはどのように育てられるのか

    韓国の芸能事務所によって、K-POPの若手スターたちはどう育てられるのか。参考例として、日本でもよく知られている少女時代の結成過程を説明しよう。9人のメンバーは練習生の中でもエリート中のエリートだった…
  • ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第16回〕

    第16回 『四月の雪』に主演 映画『8月のクリスマス』で評価が高いホ・ジノ監督の作品に出るか、恩人とも言えるユン・ソクホ監督の映画進出第1作目に出演するか。できることなら両方に出たかっただろうが、からだが2つないだ…
  • 超話題の新作が決定!イ・ミンホの兵役入りは来年か

    今年は大物スターの主演作がどんどん目白押しだが、韓国だけでなく中国と日本で人気が高いイ・ミンホも最新作が決まった。放送されるのは今年11月だという。これで彼の今年中の兵役入りは、ほぼなくなった。 …
  • ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第15回〕

    第15回 初来日でブームを起こす 『冬のソナタ』でトップ俳優としての地位を不動にしたペ・ヨンジュン。念願だった映画界に進出し、初めての主演映画『スキャンダル』に主演した。風流な退廃貴族という、難しい役にあえて挑むと…
  • 真の二枚目とはソン・スンホンのことを言う

    最近のソン・スンホンを見ていると、「今は本当に脂が乗っている」と思う。まさに、自信にあふれた姿を見せているのだ。1976年10月5日生まれ。今年で40歳になるソン・スンホンは、これからもずっと俳優とし…
  • ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第14回〕

    第14回 映画『スキャンダル』に主演 『冬のソナタ』以後に、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの熱愛説が新聞を賑わせていた。その2人がフッション・ショーの出演を終えて同じ飛行機でオーストラリアから帰国したのは、2002年4…
  • ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第13回〕

    第13回 映画界への進出を決意 『冬のソナタ』が最終回の放送を終えたとき、すでにペ・ヨンジュンは韓国芸能界でも別格の俳優として位置づけられていた。それ以前の彼は、確かにトップ俳優の一人ではあったが、突出した存在では…
  • ウットリ!斜め45度の花美男

    どんなに好きなスターでも、正面から見た顔に慣れすぎていると、斜め45度の角度から見たとき、「アレッ、イメージが全然違う」と思うことがある。角度が変われば、そこに新しい発見があるのだ。もっとも、花美男は…

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る