カテゴリー:スター物語

  • ペ・ヨンジュンが示す「子供への無限の愛」

    ペ・ヨンジュンは従来から、子供たちの未来のために自分に何ができるかを考えてきた。実際に、チャリティ活動を通して恵まれない子供たちへの支援を欠かさなかった。特に思い出されるのは、2010年の春に新生児用…
  • すばらしき名優の系譜 第1回 チェ・ミンス

    『テバク』で粛宗(スクチョン)を演じる国民俳優 チェ・ミンスは「カリスマ」と称されることが多い。そんな彼は、1962年5月1日に生まれた。父親は1960年代最高のスターであり大俳優のチェ・ムリョン。母親もミスコリア…
  • 2PMテギョン 音楽と俳優を両立させる秘訣は?

    K-POPのスターが音楽だけでなく俳優もこなすことが当たり前になった。人気を獲得するような逸材は多彩なのである。2PMのテギョンもそんな1人だ。音楽と俳優の両立はスケジュールが厳しくなりがちだが、それ…
  • 2PMジュノ 突き抜けていく感性!

    さらに発展していく可能性 演技とは、日常生活の中で私たちが見せる感情の動きをそのまま自然体で演じるものである。つまり、自分の感性を生かせる表現手段なのだ。それだけに、経験を積めば、確実に演技力は上達する。 …
  • 2PMウヨン ドラマで発見!多彩な才能

    釜山(プサン)には何度も行ったが、「気性が激しい男性が多い」という印象が強く残っている。そのイメージを引きずっていると、2PMのウヨンのプロフィールに「釜山出身」と書いてあるのを見て、一瞬「エッ」と思…
  • ペ・ヨンジュン 熟睡する俳優魂

    今、ペ・ヨンジュンに一つの質問ができるとすれば、ぜひ聞いてみたいことがある。それは、「このまま作品に出ないのですか。来日する度に『新しい作品でご挨拶したい』と言ってくれましたが、あれは社交辞令だったの…
  • 超新星ユナク 孤高のリーダーシップ(第2回)

    他の5人に残したメッセージ ユナクにとって一生忘れられないという日は何日もあるだろうが、その中でも特別に感慨深いのは2011年10月16日ではないか。 この日、さいたまスーパーアリーナで超新星のイベン…
  • 超新星ユナク 孤高のリーダーシップ

    不在期間に存在の重さを実感 初めて超新星を取材したのは2009年10月だった。 その前月9日に『キミだけをずっと』で日本デビューを果たした彼らは、3週連続でシングルをリリースするという華々しいスタート…
  • 「言葉の貴公子」チャン・グンソクの魅力

    完璧なエンターティナーが夢! チャン・グンソクを取材していて常に思ったのが、「話が上手だなあ。面白いし、含蓄に富んでいる」ということだった。 特に、『美男<イケメン>ですね』で大人気を博したあとは、そ…
  • キム・スヒョン トップ俳優を目指した日々(2)

      偉大な背中を見続けたキム・スヒョン 『ドリームハイ』が終わった後も、ペ・ヨンジュンとキム・スヒョンの師弟としての交流が続く。2人は一緒にお茶や食事を楽しみ、公的行事には同じ乗用車で参加している。また、キム・スヒョ…

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る