後半に入った『100日の郎君様』がさらに興味深い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NHKの総合テレビで毎週日曜日の午後11時から放送されている『100日の郎君様』。EXOのD.O.(ディオ)として知られるド・ギョンスが主役になっていて、いよいよ後半に入ってますます面白くなってきた。

写真=韓国tvN『100日の郎君様』公式サイトより




記憶をいつ取り戻すか

『100日の郎君様』はどんなストーリーなのか。
ド・ギョンスが演じているのは、朝鮮王朝の世子のイ・ユルだ。
彼には暗い過去があり、誰も信用できない性格になってしまった。
実は、子供の頃、イ・ユルは高官の娘であったユン・イソに惚れて結婚を申し込むほどだった。
しかし、彼女の父が陰謀にあって殺されてしまい、ユン・イソも行方不明になってしまった。その悲劇がイ・ユルの人生を劇的に変えたのだ。
16年後、世子となったイ・ユルは悪徳高官に命を狙われるが、九死に一生を得て善良な村人に助けられる。
けれど、記憶喪失になってしまう。
結局、ウォンドゥクとして身分を変えることになった。そんなウォンドゥクの婚約者になったのがホンシム(実はユン・イソのことで、ナム・ジヒョンが演じている)だった。




そして、物語が進むにつれて、ウォンドゥクのダメ亭主ぶりが顕著になる。なにしろ、もともと世子なので、働くことをまったく知らない。
薪割りとか藁の作業をしても、からっきしダメなのだ。そのくせ、態度があまりに横柄なので、ホンシムは怒ってばかりいた。
しかし、状況が変わってくる。ウォンドゥクは文章が達者で武術もすばらしい。こうして、ホンシムがウォンドゥクを見直すようになった。
やがて、少しずつウォンドゥクが記憶を取り戻す兆候が出てくる。そうなると、夫婦の生活も大きく変化していく。
ウォンドゥクはイ・ユルになっていつ王宮に戻っていくのか。
ドラマは後半に入って本当に興味深くなった。

ド・ギョンス主演の『100日の郎君様』がいよいよ佳境に入ってきた!

『100日の郎君様』のウォンドゥクの記憶はいつ戻るのか

ド・ギョンス主演の『100日の郎君様』!次々に起こる展開にワクワクする

『100日の郎君様』のド・ギョンスの表情が楽しい!

『100日の郎君様』のド・ギョンスのとぼけたダメ亭主ぶりがどうなるか

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る