『病院船』までハ・ジウォンはどんな女優人生を歩んできたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

「演じる」とは?

努力を積み重ねて生きてきたライムは、わがままな御曹司ジュウォン(ヒョンビンが演じた)の誘いを颯爽とはねつける。
ところが、ドラマは一転してラブコメとなり、ライムとジュウォンの魂が入れ替わってしまう。ライムを演じていたハ・ジウォンも今度は傲慢なジュウォンになりきらなければならなかった。
ハ・ジウォンは必死だった。最終的に彼女は異性になりきり、撮影が終わっても口調や仕種が戻らなくなったという。それほど役に集中していたのだ。
そんなハ・ジウォンにとっての次なる代表作は『奇皇后』だ。
彼女は運命に抗うことができなかった奇皇后の人生をしっかりと受け止め、前向きに生きていく姿を堂々と演じた。
「与えられた役柄そのものの人生を歩んでみたい、と思えることが大切です」
そう語るハ・ジウォン。その言葉のとおり、彼女にとって「演じる」とはまさに「生きる」ことなのだ。




そして、ハ・ジウォンは『病院船~ずっと君のそばに~』で癖がある有能な外科医を演じた。離島をまわる病院船でハ・ジウォンが扮したソン・ウンジェはどんな生き方を見つけていくのか。
このドラマはハ・ジウォンの女優としての多様性を実感できる作品だ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(ファン・ジニ編)

パク・ソジュン主演『キム秘書』の会食シーンが面白すぎて凄い!

『キム秘書はいったい、なぜ?』はなぜこんなに面白いのか

パク・ソジュンとパク・ミニョン!『キム秘書』で抜群の相性を見せた

『キム秘書』はパク・ソジュンが見せる「落差」を楽しむドラマ!

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る