パク・ソジュンとパク・ミニョン!『キム秘書』で抜群の相性を見せた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『キム秘書はいったい、なぜ?』の制作発表会が行なわれたとき、主役のパク・ソジュンが面白い話を披露していた。それは、彼が軍隊にいるときのエピソードだったのだが、どんな話だったのか。




申し分のない秘書

パク・ソジュンは、大学時代に休学して兵役で軍隊に行っている。
それ以前に、パク・ミニョンが出ていた『思いっきりハイキック!』を見ていて、それが好きなドラマだった。
すると、軍隊の宿舎で同じ部屋になった先輩が『思いっきりハイキック!』が大好きで、その再放送を見ていたという。
それにつられてパク・ソジュンも同ドラマを繰り返し見て、パク・ミニョンの場面を目に焼きつけていた。
当時からパク・ソジュンは俳優をめざしていたので、「いつかパク・ミニョンと共演したいなあ」という気持ちがあったそうだ。それが現実になったのが、『キム秘書はいったい、なぜ?』だった。
2人の相性の良さは、制作発表会でも監督が繰り返し語っていた。それは、ドラマを見ていればすぐにわかる。




このドラマは、完璧な男であるヨンジュン(パク・ソジュン)が、キム秘書(パク・ミニョン)が辞めると言った瞬間からガタガタと崩れていく姿を描いているのだが、ドラマが説得力を持っていたのは、キム秘書の有能ぶりがたっぷり描かれていたからだ。
とにかく、パク・ソジュンが演じるヨンジュンが完璧な男であれば、パク・ミニョンが演じているキム秘書はさらに申し分のない秘書だった。
(ページ2に続く)

『キム秘書』はパク・ソジュンが見せる「落差」を楽しむドラマ!

パク・ソジュンの魅力全開の『キム秘書はいったい、なぜ?』が面白い!(再読版)

『キム秘書はいったい、なぜ?』で見られるパク・ソジュンの七変化!

『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ソジュンがとてもいい!

監督がいま一番キャスティングしたい俳優がパク・ボゴム!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る