張禧嬪(チャン・ヒビン)の人生がよくわかるエピソード集!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女性の容姿にほとんど触れなかった「朝鮮王朝実録」が、張禧嬪(チャン・ヒビン)だけは例外的に美しき容貌を讃えている。それほど張禧嬪は美女であったのだ。そんな張禧嬪の人生を振り返ってみよう。




粛宗の長男を出産

◆張禧嬪は1659年に生まれた。
◆1680年に張禧嬪は王宮に入ってきた。彼女の親族に王宮の通訳がいて、その紹介で女官となった。
◆19代王・粛宗(スクチョン)が噂を聞いて張禧嬪を側室にした。
◆粛宗の正妻は、1667年に生まれた仁顕(イニョン)王后だった。張禧嬪より8歳下であった。
◆正室の仁顕王后と側室の張禧嬪。立場が明確に逆転したのは、1688年のことだ。張禧嬪が粛宗の息子を産んだのだ。一方の仁顕王后には子供がいなかった。
◆王子の誕生に喜んだ粛宗は、1689年に仁顕王后を廃妃にした。空いた王妃の座についたのが張禧嬪であった。
◆王妃になった後の張禧嬪は王宮の中でわがまま放題に過ごした。その態度はいかにも横暴と受け止められた。




◆張禧嬪の評判が悪くなったが、彼女は気にしなかった。立場は磐石だ。なにしろ、粛宗の世継ぎを産んでいるのだから……。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)の人生がよくわかるエピソード集

中宗(チュンジョン)の人生がよくわかるエピソード集!

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!『トンイ』と史実はこんなに違う

張禧嬪(チャン・ヒビン)を自害させたトンイの告発/朝鮮王朝秘話4

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る