撮影が終了した『徐福』!コン・ユは「きつい撮影だった」と語った

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年の夏から秋にかけて撮影が行なわれた映画『徐福』。ダブル主役のパク・ボゴムとコン・ユが取り組んだ撮影も10月に終わり、今後は編集作業に入っていく。公開されるのは2020年の上半期が予定されている。




撮影で疲労困憊

撮影が終わった今、コン・ユはこう振り返っている。
「扮した人物が激しい動きをするので、物理的に撮影が簡単ではなかったです」
その口調は、いかにも撮影で疲労困憊になったという感じだ。
映画『徐福』では、パク・ボゴムが遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間を演じている。いわば、クローン人間だ。
そのクローン人間を争奪する争いの中で、コン・ユは国家機関のエージェントに扮している。
さぞかし、アクションシーンが多かったことだろう。その点で、コン・ユも肉体的な負担を相当に強いられた。しかし、それも俳優の宿命だ。何ごとにも全力を尽くすコン・ユのことだから、恐ろしいほどの集中力で役に没頭したに違いない。それが「簡単ではなかった」という発言になっているのだ。
この『徐福』が主に撮影されたのは全羅(チョルラ)北道の全州(チョンジュ)市にある全州映画総合撮影所だ。




実は、カンヌ国際映画祭で最高賞を得たポン・ジュノ監督作品の『パラサイト』も、その60%が全州映画総合撮影所で撮影されている。屋内と屋外の両方ですばらしいセットを持っているのが、この撮影所の特長だ。『徐福』もすばらしい環境のもとで撮影ができたことだろう。
この『徐福』の撮影が終わった途端に『82年生まれ、キム・ジヨン』の公開を迎えたコン・ユ。寡作な彼にしては珍しく、しばらくは新作の話題が尽きない。

文=「ロコレ」編集部

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

コン・ユの言葉が胸に突き刺さる!

監督がいま一番キャスティングしたい俳優がパク・ボゴム!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る