話題作『82年生まれ、キム・ジヨン』がついに10月23日大公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年下半期の最大の話題作といえば、それは映画『82年生まれ、キム・ジヨン』である。韓国で100万部以上が発行されたベストセラー小説を原作にしており、韓国社会で女性が負う重圧を劇的に描ききっている。




2人がどんな夫婦を演じるか

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』では、チョン・ユミが主人公のキム・ジヨンに扮していて、コン・ユが夫のチョン・デヒョンの役を演じている。2人は過去に二度共演した経験がある。
コン・ユとチョン・ユミが最初に共演したのは2011年の映画『トガニ 幼き瞳の告発』だった。
そして、二度目が2016年の映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』である。
コン・ユもチョン・ユミも、繊細な演技でよく知られた俳優だ。
実際、映画の中の2人は息もピッタリだった。
そして、コン・ユとチョン・ユミの三度目の共演となるのが『82年生まれ、キム・ジヨン』だ。この映画の場合、先にチョン・ユミが主人公のキム・ジヨン役に決まった。
なにしろ、チョン・ユミは1983年1月生まれ。
映画と現実は違うとはいえ、1982年生まれという設定の主人公とチョン・ユミは同級生になる。




まさに、絶妙なキャスティングと言えるだろう。
そして、最適な共演相手としてコン・ユが指名された。
大物のコン・ユが出演することで、夫のチョン・デヒョンの出演シーンが増えたという。つまり、小説より映画のほうが夫のキャラクターが重厚になったのだ。
それだけに、チョン・ユミとコン・ユが真っ正面から向き合う場面が多くなる。2人がどんな夫婦に扮するのかが楽しみだ。

文=「ロコレ」編集部

コン・ユは『トッケビ』終了後の虚脱感をどう乗り越えたのか

コン・ユの言葉が胸に突き刺さる!

『82年生まれ、キム・ジヨン』の脚本を読んだコン・ユが泣いた理由は?

チョン・ユミが『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユと三度目の共演!

40歳になったコン・ユは『黄金の40代』を築けるのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る