さすがイ・ミンホ!時間をかけて復帰作に取り組んでいる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ミンホは2019年4月に社会服務要員としての兵役を終えた。そうなると、注目されるのが復帰作だ。彼ほどのトップスターだと大作になるのが必然だが、実際に大物スタッフが集結した凄いドラマになった。

写真=イ・ミンホのインスタグラムより




トップクラスの制作陣

最近の傾向として、兵役を終えたスター俳優はすぐに復帰作を決めて、そのドラマが早い段階で放送されるのが常だった。
しかし、イ・ミンホの場合は、復帰作の放送まで時間がかかる。なにしろ、放送は2020年の上半期なのである。
兵役の終了をずっと待っていたファンは、さらに長い時間を待たされることになったが、その甲斐があるほど新ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』はすばらしい。
なにしろ、大物のキム・ウンスク作家が脚本を書き、『太陽の末裔』のペク・サンフン監督が演出を担当するという。
今の韓国ドラマ界でトップクラスのコンビである。この強力な2人からオファーを受けるのだから、イ・ミンホはさすがである。まさに、時間をかけて制作に入るというのがイ・ミンホの復帰に向けたプランとなった。




共演者も決まっている。
あの『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』でコン・ユと共演したキム・ゴウンだ。
(ページ2に続く)

素敵な関係!イ・ミンホとチョン・イルは幼い頃から友情を育んできた

イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

チ・チャンウクの復帰作が決定!同時期に兵役終了となったイ・ミンホは?

イ・ミンホが兵役を終えて復帰して芸能界が活気づく!

『ヘチ』主演のチョン・イルが語る「イ・ミンホとの友情物語」!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る