日本と違う韓国のビックリ42

このエントリーをはてなブックマークに追加

食べてはいけない時期は?

これほど韓国の家庭で重宝されるワカメスープですが、絶対に食卓に出してはいけない時期があります。
それはいつでしょうか?
家庭に受験生がいるときです。
ワカメはツルツルしていて「すべる」というイメージがあり、韓国では「ワカメを食べる」というのは、「受験に失敗してしまった」という意味になることがあります。
ですから、受験の日はもちろんのこと、受験日が近づいてきたら、お母さんは受験生にワカメスープを食べさせてはいけません。妊娠や出産のときとはまったく逆のことが起きるのです。
ワカメとは逆に受験生に重宝されるのが水飴です。粘り気があって「くっつきやすい」という印象があるので、「合格」とイメージが重なります。
それゆえ、韓国では受験の時期になると、両親が受験生の志望校の門や塀に水飴をくっつけたりします。




日本でワカメというと味噌汁の具によく使います。
韓国では、肉や魚をダシにしたスープに使うことが多くなっています。
また、韓国ではスープや味噌汁はスプーンを使って、すくいあげるようにして食べます。スプーンにたっぷりとワカメをのせて口に運ぶときは、本当に幸福を感じます。
妊娠期、授乳期、誕生日など、人生でも特に大切なときに食べるワカメスープは、韓国の人にとって「最強のスープ」なのかもしれません。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ43

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る